任意後見制度は機能している、と感じます。

DSC05347

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

東京の桜は、あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまいましたね。

 

さて、今日の話題は「任意後見」です。

自分の判断能力が衰えた場合に備えて、将来後見人になってくれる人と契約をしておく、という制度です。

実際に後見人が必要な状態になったら、家庭裁判所で手続きをして、任意後見が開始します。

その際には必ず「任意後見監督人」が選任されます。

ご本人が信頼して契約した人であっても、絶対に悪いことはしない、とは言い切れないため、後見人を監督する「お目付け役」を配置するのです。

私は、複数の案件で、この任意後見監督人を引き受けています。

定期的に後見人と面談をして、財産の管理状況を確認します。

後見人からの相談ごとがあれば、その都度対応しますし、必要であれば、ご本人にお会いしに行くこともあります。

そうやって関わっていると、いろんなことが見えてきます。

後見人の方々は頑張ってるなあ、と思うことが多いです。

私が関わっている案件では、概ね「任意後見制度はうまく機能している」と言える状況です。

うまくいっている案件には共通点があるようです。

以下に挙げてみましょう。

・ご本人には子がおらず、甥っ子や姪っ子が後見人になっている。

・任意後見契約をする以前から仲がよく、何かと世話をやいていた。

・ケアマネさんなどの第三者から任意後見制度の利用を勧められた。

・任意後見人としての仕事に対価はなし、つまり無報酬である。

将来が不安だから任意後見制度を利用してみよう、と思い立ち、任意後見人になってくれる人を探す、という展開ではないのですね。

身近に信頼できる人がいる、という状態だったところへ、第三者からの情報で任意後見制度のことを知り、制度を利用することにした、ということ。

もともと存在していたサポートに法的根拠が与えられた、という状況なのですね。

任意後見人になったことで権限が明確になり、動きやすくなった、ということなのです。

他の親族たちから

「財産狙いなのでは?」

と疑われても、

「監督人がついてますから不正はできません」

と説明もできます。

(実際そのとおりです。不正はできません。)

家庭裁判所での手続きは、やや煩雑で、後見人の皆さんは

「こんなに大変だとは思いませんでした・・・。後見人にならなくても援助はできたんじゃないか、その方がよかったんじゃないか、と思います。」

などと仰います。

でも、それを補って余りある、と思います。

ご本人のためにも、援助者自身を守るためにも、事実上のサポートよりも、法的根拠のあるサポートの方がよいのです。

本当に皆さん頑張っておられます。

私も監督人として頑張ろう、と思います。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★成年後見人の報酬のこと。【2019年8月追記あり】

★任意後見制度とは

★任意後見と見守り契約

★財産管理等委任契約とは

★任意後見受任者が必ず任意後見人になれるとは限らない。

★任意後見について考えてみたら、自分は本人の側だった、という話。

★成年後見ジャンルの過去記事の見直しを進めていこうと考えています。

★スムーズな相続のために・・・自筆の遺言を預かっている場合の対応

★スムーズな相続のために・・・生命保険金は遺産ではないのです。

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月4日 | カテゴリー : 成年後見 | 投稿者 : Kazuko Kataoka