ちっちゃな事務所。本棚が会話のネタになってます。

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

写真は私の事務所の壁面の本棚です。

見せる収納。

なかなか壮観。

いい感じでしょ。

・・・というのは、ちょっと苦しい言い訳。

事務所は6畳ほどのワンルームで、来客対応専用スペースなんてものはありません。

来客がある時は、仕事中の机の上を片づけて場所を作るのです。

書籍の保管も同じスペース内にするしかありません。

なので、一面の壁に本棚を置いて本を並べてるだけ。

結果的に「見せる収納」になってるんです。

でも、これ、とてもイイんですよ。

私はもともと「本が並んでる景色」が大好きですから、この事務所はとっても居心地のよい場所になってます。

仕事場=お気に入りの居場所、というワケ。

実はこの本棚、来客の方との会話のネタにもなってます。

「本がたくさんありますねえ。勉強家なんですね。」

「本は必要なんですよ。知識がメシのタネですから。」

「なるほど~。そうですよね~。」

という具合です。

お客さまの視線の行き先から、その方の興味のあり所が推測できる、なんてこともあります。

 

このエリアに視線が行っていれば、借地や借家のことで気がかりなことがあるのかな、もしかしたら何かトラブルを抱えておられのかも、と考えてみたりします。

 

この棚に目が行く方は、医療・介護や福祉関連のお仕事をされているのかもしれません。

実際に

「私は〇○の仕事をしているんです。」

などと話し始める方もいらっしゃいます。

私の方から

「何か気になる本がありますか?」

と尋ねてみると、

「実は別件なんですけど、こんなことが・・」

という話になることも。

私にとって居心地の良い場所は、お客様にとっても「話がしやすい」場所なのかもしれません。

事務所は仕事場でもあり、居場所でもある。

本棚はメシのタネでもあり、会話のネタでもある。

この場所を大切に守って行きたいなあ、と思ってます。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★親の入院中に通帳を預かる場合は慎重に

★養子に行った兄弟姉妹も相続人である。(普通養子の場合)

★「訴えられても仕方がない」という状況で少額訴訟を起こされた場合

★コーヒーミルを買ったら昼食代が減りました。

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加