兄弟姉妹の配偶者が相続に口を出す。

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

 

写真は両親のところから分けてもらった多肉植物。

「虹の玉」というんだそうです。

寒くなると赤が強くなるらしい。楽しみです。

 

さて、今日のお話は「相続あるある」です。

親の相続に兄弟姉妹の配偶者が口出ししてくる、というやつ。

 

相続でモメる原因を集計したとしたら

絶対上位に来るだろうな、と思います。

 

当事者からしたら

「関係ないヤツは引っ込んでろーーー!!!」

と言いたくなることでしょう。

 

ホント、そのとおりです。

 

でも、口出しする人々からすれば

「関係あります! ウチのには任せておけません!」

というのが正直なところなのでしょう。

 

でも、よく考えてみると

「なぜ関係ないのか」がイマイチわからない・・・

なんて方も多いのではないでしょうか。

 

「モメないためには口を挟まず控えた方が良いのでは?」

といった漠然とした理解の方もおられると思います。

「マナーの問題」だと考えている方もおられるかも。

 

こんな時は、極端な場面で考えてみるとよいのです。

 

ためしに「熟年離婚」で考えてみましょう。

 

「離婚したいけど、ダンナはもうすぐ定年。

退職金が出るまで待って、半分貰って別れよう。」

という発想は「アリ」ですよね。

 

では

「離婚したいけど、その後の生活が不安。

夫の親は病気でもうすぐ亡くなりそうだし、

遺産が入るまで待って、夫の財産が増えてから離婚しよう。

そしたら財産分与で半分もらえるのよね?」

はどうでしょう?

 

これは「ダメ」ですよね。

これを「アリ」だという人は少ないでしょう。

 

なぜこれがダメなのかというと、

「親が死ぬのをアテにするなんてひどい! ヒトとしてどうなのよ!」

という話ではありません。

「あなたは財産形成に貢献したワケじゃないでしょ。」

という話なのです。

ここが退職金とは違うところ。

退職金は「夫婦で頑張った結果」だけれど

遺産は「相続人の配偶者には関係のないもの」なのです。

 

夫が親からもらった遺産は夫のもの。

妻が親からもらった遺産は妻のもの。

 

ですから「相続問題に配偶者が口を出す」ことは

「そもそも自分には権利がないのに発言する」ということ。

おかしなことなのです。

まさに「関係ないヤツは引っ込んでろ!」なのです。

 

でも・・・

 

これを叫ぶことには殆ど意味がないのです。

 

「兄は子供の頃から公平な判断が出来る人でした。

ですから、父の相続でモメるなんて思ってもみませんでした。

兄は、なんだかんだと理屈をつけて遺産を独り占めしようとするのです。

本当に人が変わってしまったようです。

まるで別人のようで、信じられない思いです。

兄の奥さんが、いろいろと入れ知恵しているに違いありません。

兄には目を覚まして欲しいです。昔の兄に戻ってほしいです。」

なんていう話は、掃いて捨てるほどたくさんあります。

 

「妹のダンナがあれこれ言うみたいなんです。

きょうだいで話がまとまりかけていても、

次の話し合いの時には蒸し返しになってしまうんです。

ダンナがあれこれと指示をして、妹はそれに逆らえないようなんです。

でも、配偶者はそもそも関係ないですよね?

一度、妹のダンナに直接話をしてみようと思っているのですが・・・。」

なんていう話もよく聞きます。

 

こんな場合、どうすればよいのかというと

「どうしようもない。どうにもならない。」というのが答えです。

 

確かに、「配偶者が口を出すのはおかしい」のですけど

それを指摘したところで、

「そうだよね。自分が間違ってた。ごめんね。」

という展開になることなど期待できない、というのが現実なのです。

 

「兄は人が変わってしまった」のだし

「妹はダンナに逆らえない」のです。

これが現実。

 

兄や妹やその配偶者を非難しても

相続問題は進展せず、解決もしないのです。

 

相続問題では

他の相続人の「態度のおかしさ」に意識が集中してしまいがちですが、

そこからいったん離れて

「他の相続人の主張そのもの」だけに集中して

その主張が正当なものであるかどうかを検討していく、

という姿勢が必要になると思います。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★疎遠だったからこそ要求してくる。 ~相続のお話~

★スムーズな相続のために・・・「自分は損してる」誰もがそう思う。

★スムーズな相続のために・・・まずは故人の意思(遺言)の確認を。

★「そもそも」を考えてみよう⑨ 「親に遺言を書かせたいんです。」

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月9日 | カテゴリー : 相続・遺言 | 投稿者 : Kazuko Kataoka