グレイヘアの司法書士です♪

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

 

写真は何とサフィニアです。

まだ咲いてるんですよ~。

新しい花芽は見つからないので、

どうやらこれが最後の一輪です。

よく頑張ってくれました。ありがとー!!

 

さてさて。

「グレイヘア」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

来ましたねー。「堂々と白髪」の時代。

何を隠そう、私、片岡和子はグレイヘアでございます。

 

ず~っと面倒な思いをしてました。

染めても染めても、3週間ぐらいで根元が白くなってくる。

美容院行かなくっちゃ、と思いながら1週間、2週間が過ぎ、

何ともみっともない姿になって、

もう後がない、となって美容院に駆け込む・・・の繰り返し。

 

白髪染めやめよう! のキッカケは司法書士としての開業です。

 

ずっと専業主婦だった私。50才を過ぎての開業。

社会経験のなさを見抜かれてしまうのでは?

「司法書士」に見てもらえるだろうか? と不安でいっぱい。

そして思いついたのが

「白髪アタマにしてしまえば、すごいベテランに見えるかも」

ということでした。

 

全部が白髪になるまで1年ぐらいかかった記憶があります。

髪の長さの半分が白、半分が黒、という

何ともビミョーな状態の時には、挫けそうにもなりました。

何とか凌いで、2012年4月の開業時には

見事な白髪頭が完成してました。

 

でも、この頃は

「白髪を染めずに放置している女」には市民権がない、

と言ってもよいような状況です。

 

美容院に行けば

「なんで染めないんですかあ???」

「もったいない・・・まだまだイケるのに。」

なんていう反応が殆ど。

「白髪染めを勧められないこと」が

私の美容院・美容師さん選びの基準でした。

 

(司法書士としては「白髪」は効果絶大で

開業当初から「堂々たるベテラン」に見えたようです。

よく考えると、ちょっと詐欺的な気もしますが・・・。)

 

それが、何だか風向きが変わってきたのです。

ここ2,3年でしょうか。

美容院で白髪染めを勧められることが少なくなりました。

「白髪、いい感じですね~。」なんて言われることもあるのです。

 

そして2018年。

「グレイヘア」が新語・流行語大賞にノミネート。

ついに市民権獲得! という感じです。

 

同志たちよ!

グレイヘアで街を闊歩しましょー!

 

まだこれから、の方々も

グレイヘアデビュー、お待ちしてます!

 

 

☆この記事を読んでくださった方にぜひ読んでいただきたい他の記事☆

★言葉も「老化」する ~パワハラという言葉で考えてみる~

★思いがけない収穫。 ~自分の「異常性」に気づかない人たち~

★パソコン不調の原因は○○だった! ~総務課長の事件簿~

★超入門⑦ 土地と建物は別個の不動産です。

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加