強制執行とは

DSC01645

こんにちは。世田谷区等々力の司法書士です。

事務所は東急大井町線の尾山台駅と九品仏駅の中間地点あたりの等々力通り沿いです。

マンションの一室なのですが、看板は出していませんので、おいでになる際には、通り過ぎてしまわないようにしてくださいね。

奥沢7丁目の信号のすぐ近くです。

 

今日は強制執行のお話。

強制執行っていう言葉、耳にしたことはあるけど、経験したこともないし、イメージできない、という方が多いでしょう。

まずは、法律用語辞典に載っている説明から。

「私法上の請求権を国家権力によって強制的に実現する手続」

と書いてあります。

抽象的・一般的な表現ですねえ。

でも、これは仕方がありません。

実際の強制執行にはいろんな形があって、バリエーションに富んでいるので、まとめると、こういう表現をするしかないんです。

なので、わかりやすくするために、例をひとつだけ挙げてみましょう。

「貸したお金を、裁判所の力を使って相手の銀行預金から直接取り立てる。」

これが、強制執行のひとつの形です。

具体的には、裁判所に申立てをして、「差押命令」を出してもらいます。

この「差押命令」が出されると、相手は、差し押さえられた預金を引き出せなくなります。

そして、あなたは、その預金の中から、貸した分のお金をもらうことになります。

(実際には、あれこれと面倒な手続きはあるのですが、ざっくりとした理解をしていただくために、単純化しています。)

こうやって、権利を実現するのが強制執行なんです。

ところで、裁判所に「差押命令」を出してもらうには

「貸したお金を返してもらう権利があって、強制執行ができる」

ということを示す文書を提出しなければなりません。

この文書のことを「債務名義」といいます。

(わかりにくい言葉ですねえ。でも、重要な言葉なので、頑張って覚えてくださいね。)

つまり、強制執行をするためには、その前提として「債務名義」が必要なんです。

そして、「債務名義」にもいろいろな種類があるのですが、ひとつだけ例をあげてみましょう。

「判決」です。

「判決」という言葉はお聞きになったことがあるでしょう?

「知人にお金を貸したのに返さないから訴えたら勝訴したよ。」

といった場合の、その裁判所の出した結論のこと、と理解してもらえればOKです。

この「判決」をもらってはじめて「強制執行」ができるんです。

ここまでをまとめてみましょう。

「貸したお金を国家権力によって強制的に返してもらう」ためには二段階の手続きが必要になる、ということです。

「債務名義を取得する」と「強制執行する」です。

私たちが日頃「訴えてやる!」とか「裁判する!」という場合、実は、この二段階の手続きのうちの一段階目のことを言っているんです。

いかがですか?

ちょっとイメージ出来てきましたでしょうか。

こんなふうに考えると、

「勝訴したのに、結局お金は戻ってこなかったよ・・・」

なんていう事態が、具体的にはどういうことなのか、わかりやすいですよね。

つまり、一段階目はうまくいったけど二段階目はうまくいかなかった、ということなんですね。

(銀行預金に対して強制執行したけど残高がゼロだった、とか。)

「訴えてやる!」となった時には、ぜひ、この「二段階目」についても検討してみてくださいね。

実際にお金が取り返せる見込みがないのなら、訴えても意味がないかもしれない・・・、ということですので。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

売掛金の消滅時効 ~債権回収~

訴訟には勝ったけど・・・

事務所内部を大公開!

ちょっと詳しい自己紹介です。

法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月26日 | カテゴリー : 訴訟・裁判 | 投稿者 : Kazuko Kataoka