訴訟は、債務名義を取得するための方法のうちの一つである。

DSC03374

こんにちは。世田谷区等々力の司法書士です。

訴訟・裁判、相続・遺言、成年後見などのご相談をお受けしています。

事務所の最寄駅は東急大井町線の尾山台または九品仏。

初回の相談は無料です。

お気軽にご相談においでくださいね。

 

今日は「債務名義」のお話。

難しげで、とっつきにくいお話ですが、ちょっと我慢しておつきあい下さい。

「訴えてやる!」となった時に、ぜひ理解をしておいていただきたい基本ですので。

 

債務名義とは、法律用語辞典によると

「強制執行によって実現される請求権の存在及び範囲を表示し、法律によって執行力が付与され、執行の基本となる公の文書」

です。

難解な表現ですねえ・・・。

私も法律の勉強を始めた頃は、全く理解ができませんでした。

そこで、何とかわかりやすい表現を試みると・・・

 

「それがあれば強制執行ができる!」という時の「それ」のことです。

 

「強制執行するためには○○が必要」という時の○○のことです。

 

貸したお金を返してもらいたい!

という場合を考えてみてください。

相手がどうしても返そうとしないなら、公の権力を使って、強制的に返させるしかありませんよね。

それが「強制執行」です。

その強制執行を行うために必要なのが「債務名義」です。

債務名義には、いろいろな種類があります。

そして、そのうちの一つが「判決」です。

「判決」があれば強制執行が可能になる、ということ。

では、どうすれば「判決」が手に入るのかというと、訴訟を起こして勝てば、判決(債務名義)がもらえるのです。

つまり、訴訟というのは、「債務名義を手に入れるための手続き」なのです。

「訴訟をして勝てばお金を返してもらえる」というのは正確ではありません。

「訴訟をして勝つと、判決という債務名義が手に入る」ということなのです。

債務名義を手に入れたあとは、強制執行の手続きをしなくてはなりません。

訴訟に勝っただけで、自動的に貸したお金が戻ってくるのではないのです。

もしかしたら

「訴えて勝ったら、すぐにお金が振り込まれたよ。」

という話をお聞きになった方がおられるかもしれません。

これは、実は、訴えられて負けた側が

「強制執行されたら大変だ! そうなる前に自主的に払おう」

と考えた結果なのです。

裁判所が自動的に取り立ててくれたわけではないのです。

 

ところで、今日のタイトルは

「訴訟は、債務名義を取得するための手続きのうちの一つである。」です。

つまり、債務名義を手に入れる方法は「訴訟」だけではない、ということ。

「訴えてやる!」という以外にも選択肢があるということです。

これについてはまた改めて。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

強制執行とは 

訴えられて負けたらどうなる

訴訟には勝ったけど・・・ ~債権回収~

認定司法書士とは

★「勝てますよ」と言ってくれない法律家

事務所内部を大公開!

ちょっと詳しい自己紹介です。

法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月4日 | カテゴリー : 訴訟・裁判 | 投稿者 : Kazuko Kataoka