パソコン不調の原因は○○だった! ~総務課長の事件簿~

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

 

数日前のこと。

パソコンで数字を打っていたら違和感が。

 

なぜか「5」がうまく入力できないのです。

反応が鈍い、という感じです。

 

いろいろとやってると、

「ぎゅーっ」と強く押すと入力できる、

ということが判明。

 

もしかしてホコリが詰まってるのかも。

でも、どうすればいいんだろう?

 

あれこれ検索していたら、

キーボードのそれぞれのキーは取り外せるらしい、

ということが判明。

(このパーツを「キー」と呼ぶのかどうかは不明ですけど。)

 

で、パソコン苦手なオバサンは頑張りました。

マイナスドライバーをねじ込んで、えいやっ!と。

キレイに外れました!

 

でも、別にホコリが溜まったりしてない。

異常はないみたい。

 

う~ん、何でだろう。

 

何だかわからないまま、

取り外したパーツを再びはめ込んで、

不便を感じながら使用すること数日。

 

今朝になって、

「ホントに異常なしだったのかな?」

と気がつきました。

 

キーを外したところを見るのが初めてだったのだから、

そもそも「正常な状態」を知らないわけで、

それなのに「異常なし」と思ったのはマチガイだったのかも。

 

そこで、再び「5」のキーを取り外し。

それから「7」のキーも取り外してみました。

状態を比較するためです。

 

そしたら、やっぱり何か違う。

「5」の方は、

真ん中の白い部分を取り囲むパーツが

ほんの少し盛り上がっていて、押すとぶよぶよしてる。

う~ん、ホコリが詰まってるわけでもないのに

何で微妙に浮き上がってるんだろう・・・。

他に異物も見当たらないし・・・。

 

でも念のため、と思って

ピンセットでパーツの下を探ってみたところ

何かが挟まってる!

慎重に引っぱり出して、じーっと見てみたら・・・

爪です!

 

犯人の痕跡を発見!

すぐに鑑識へ回せ!

いや科捜研か?

DNA鑑定だ!

 

・・・って、刑事ドラマの見すぎ。

 

要するに、

パソコンの近くで爪を切っていた時にカケラが飛んで

スキマに潜り込んで挟まった、ということですね。

 

一件落着。

 

自分で解決できてよかった~。

修理窓口とかに持ち込んでたら、ちょっと恥ずかしかったかも。

 

私は司法書士ですけど、

一人きりで運営してる事務所なので、

何から何まで自分でやります。

所長兼雑用係、といったところ。

 

そういえば、先日

このホームページを常時SSL化したのだけど、

その時の証明書の申し込みフォームに

「担当部署名、担当者名」を入力する場所があって。

しかも、英字での入力が必要なんだと。

わが事務所に「部署」などというモノは存在しないのですが、

何かしら入力しなくちゃならないので

General Affairs Division    Kazuko Kataoka

と打ち込みました。

「総務課・片岡和子」ですね。

 

という次第で、

今日は「総務課長の事件簿」でした!

 

 

☆この記事を読んでくださった方にぜひ読んでいただきたい他の記事☆

★ホームページ運営は難問だらけ。でも何とか常時SSL化したよ。

★いつの間にか「育っていた」ホームページ

★パソコンが突然壊れた!は他人事じゃなかった・・・

★パソコントラブル・データはどうなった?

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加