生命保険金は遺産ではないけれど相続税の課税対象なのです。

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

 

写真は私の名刺の一部。

ホームページ見てほしいなあ、という気持ちを込めて

URLを赤字で印刷してあります。

 

先日、ホームページの常時SSL化を行って

URLの http が https になったので、

名刺も新しいものを注文。

今日、受け取りに行くつもりだったのだけど、

さっきから空が真っ暗になってきて、雷が鳴り始めました。

カミナリ大キライ。

名刺受け取りは明日にしよう・・・。

 

さて、今日は相続の場面での生命保険金のお話です。

 

生命保険にもいろいろとあって、

被保険者・保険料の負担者・保険金の受取人の組み合わせで

異なるパターンが存在しますが、

今日のお話は典型的なタイプの生命保険についてです。

亡くなった方が被保険者で、ご自分で保険料を払っていて

受取人は相続人のうちのひとり、というパターンです。

 

わかりやすくするため、事例を設定してみましょう。

 

【事例】

Aは妻に先立たれ、ひとり暮らしをしていた。

Aには長男B、次男Cの二人の息子がいる。

Aは、自分の葬式はBに仕切ってもらいたいと思っていて、

その資金にするため生命保険をかけ、受取人をBにしてあった。

 

この状況でAが亡くなると

Bは死亡保険金を受け取ることになります。

Bが保険金を受け取るに当たって

弟Cの同意だの、ハンコだのは必要ありません。

 

受け取った保険金はストレートにBの財産になります。

 

Aが住んでいた家やら預金やらに関しては

BとCとで話し合い(遺産分割協議)をして

どのように分けるかを決めなければならないのですが、

生命保険金は、この話し合いには関係がありません。

 

Cからすると、「何だか不公平な気がする・・・」

と感じるかもしれませんが、仕方がありません。

不公平の程度があまりにも極端な場合には

遺産分割において考慮されることもあり得ますが、

「生命保険金は遺産ではない」が基本です。

 

さて、ここからは相続税のお話です。

 

「生命保険金は遺産ではない」のだから、

この事例でBが受け取った保険金は相続税の課税対象にはならない、

と考えてしまうと間違えます。

 

相続税申告の場面では、また別のルールがあって、

この事例では、

「相続税の課税対象になる」が基本なのです。

 

なぜなのか?

については、私にはよくわかりません。

 

税金の世界は政策的な面が大きいので

「リクツ」だけでスッキリとは飲み込めないことが多いです。

 

この事例では、おカネの流れの実質を見て

「もともとAのお金だったものがBのものになっている。

法律的には贈与だとも相続だとも言えないけれど、

何かしら課税する必要があることには違いないよね。

人が亡くなった場面で具体化するお金の流れなんだから

相続税扱いにして税金をかけるのがいいんじゃない?」

という発想になるのだ、とでも考えておけばよいでしょう。

 

何はともあれ

「生命保険金は相続税の課税対象である」

ということをお忘れなく。

 

ただし、「非課税枠」がありますので

実際には税金がかからない場合も多いでしょう。

 

非課税枠がどのくらいか、といった具体的なことは

国税庁のホームページなどで調べてみてください。

 

 

☆この記事を読んでくださった方にぜひ読んでいただきたい他の記事☆

★スムーズな相続のために・・・生命保険金は遺産ではないのです。

★スムーズな相続のために・・・「自分は損してる」誰もがそう思う。

★スムーズな相続のために・・・法定相続分どおりでなくてもOK。

★「あとしまつ」のための生命保険金

★相続人のうちの一人を受取人とした生命保険と遺産分割

★疎遠だったからこそ要求してくる。 ~相続のお話~

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年8月13日 | カテゴリー : 相続・遺言 | 投稿者 : Kazuko Kataoka