ホームページ開設6か月! ちょっと詳しい業務の紹介です。

DSC01818

こんにちは。

東京都世田谷区で司法書士をやっている片岡和子です。

 

実は、今日は、ホームページを開設して6か月の記念日。

この半年、ブログも平日は毎日更新を続けました。

この記事が126記事めです。

 

100記事記念の日には、ちょっと詳しい自己紹介を書いたのですが、6か月記念の今日は、私の対応している業務について、ちょっと詳しめに書いてみようと思います。

 

まずは訴訟代理の仕事。

私は「認定司法書士」という資格を持っていて、紛争が生じた場合に代理人として活動することができます。

弁護士さんと同様のことができるのです。

ただし、対応できる範囲は限られていて、簡易裁判所で扱われる、140万円以下の紛争に関して代理人になることができます。

具体的には、家賃や敷金のトラブル、売掛金の回収など。

簡易裁判所で訴訟代理人として活動をするだけでなく、

裁判外でも代理人として交渉すること(いわゆる「示談」です)もできます。

この分野に関しては、ぶっちゃけ

「弁護士さんが引き受けてくれないようなちいさな紛争」

についてお引き受けしてる、という現状です。

どんなに「ちいさな」紛争でも、ご本人にとっては一大事なんですものね。

可能な限り、どんな事件でもお引き受けする、という姿勢でやってます。

 

次に、「本人訴訟支援」の仕事があります。

地方裁判所や家庭裁判所での紛争については、司法書士は代理人にはなれません。

ご本人に代わって訴訟活動をすることはできないのです。

でも、司法書士は訴状や答弁書を作成することはできます。

そこで、弁護士さんに頼まずにご自身で訴訟をしたいけれど訴状や答弁書を作成するのは難しい、という方のために、これらの書面を作成することにより、間接的に紛争解決のお手伝いをすることができます。

これを「本人訴訟支援」といいます。

この分野に関しては、本人訴訟で対応可能な事案ならばお引き受けしますが、本人訴訟を避けた方がよい事案もあり、弁護士さんに依頼することをお勧めする場合もあります。

 

お次は、裁判書類作成の仕事。

紛争性のない事案について、裁判所へ提出する書類を作成する仕事です。

具体的には、遺言書の検認や、相続放棄や、成年後見の申し立てなど。

この分野は、実にたくさんの種類があります。

「裁判所へ書類を出さなければいけないんだけど、何だか難しくて、どうしたらよいかわからない・・・。」

という時には、思いっきりお役に立てるかと。

 

それから、成年後見の仕事。

「成年後見の申し立て」に関しては、書類作成に含まれます。

ここでいう「成年後見の仕事」とは、専門職として、実際に後見人等に就任することです。

後見人になってくれる親族がいない場合や、

親族間で意見の相違がある場合、

財産の内容が複雑で管理が難しい場合、などに

きちんと研修を受けた専門職として後見人等になって活動します。

私は、もともとこの分野の仕事をするために司法書士になりました。

どうぞ安心してご相談くださいね。

 

次は、相続登記の仕事。

相続登記っていうのは、相続があった場合の、土地や建物の名義変更のことです。

これは、なかなか難しい手続になることもあるので、司法書士が代理人になって申請をした方がよい場合が多いんです。

相続登記に伴う戸籍の収集やら遺産分割協議書の作成などもお引き受けできます。

実際のところ、相続に直面すると、何から始めてよいのやら、という状態になられる方が殆どですから、

「司法書士の仕事は登記だけです」

なんてことは言わずに、相続全般について、あれこれとアドバイス差し上げることが多いです。

 

ここまで、私の対応している5つの分野について、おおざっぱにお話しましたが、これ以外にもご相談にのれることは、様々あります。

身近な街の法律家として、地域に密着して皆様のお役に立ちたいと思ってますので、どうぞ、お気軽にご相談においでくださいね。

今後ともどうぞよろしく!

 

【2018年10月18日追記】

現在、業務多忙のため、訴訟代理、本人訴訟支援については、お引き受けできないことが多い状況です。

無料の初回相談のみでしたら対応できる場合もありますので、相談ご希望の方は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

以前の記事を読み返して赤面する・・・。

ホームページ開設3か月

ブログ更新は完璧主義との戦い

隠れ家的?

事務所内部を大公開!

ちょっと詳しい自己紹介です。

法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加