【歌詞解説・和訳:Beautiful Love】ビューティフル・ラブ

こんにちは。片岡和子です。

ブルーデージーがたくさん咲いてます♪

花も可愛らしいけど、繊細な茎が大好き。

ほんの少しの風にも揺れ動きます。

いつまででも眺めていたいけど・・・

歌詞解説いきましょう。

今日は Beautiful Love です。

 

< Beautiful love, you’re all a mystery! >

冒頭からいきなり難問にぶつかります。

「beautiful love」は具体的な誰かのことを指しているのか。

それとも抽象的な「愛」のことなのか。

「どちらも」という答えもありそうです。

私は、「特定の誰か」をイメージして理解するのがよいかなあ、と考えています。

その方が歌詞全体の意味がスッキリと通る、と思うのです。

その上で、抽象的な「美しき愛」と考えることも可能、という「深読み」をしてみるのもいいのかな、と。

そう考えると、この文は「美しき愛する人よ、あなたは謎だらけだ」ということになりますね。

mystery は「謎」という抽象名詞ですが、冠詞 a がくっついて普通名詞化しています。

「謎めいた人」ということですね。

形容詞は普通は冠詞と名詞の間に置かれますが、 all は冠詞の前に置かれます。

 

< Beautiful love, what have you done to me? >

「美しき人よ、あなたは僕に何をしたのですか?」

love は「愛人、恋人」という意味ですが、ここでは「美しき恋人よ」と訳してしまうのは違うかなあ、という気がします。

主人公は満たされた状態ではなくて苦悩の中にいる、ということが歌詞全体から読み取れるからです。

主人公と相手の女性が既に「恋人」と呼べる関係になっているのだとしても、まだ足りないものがある。

求めても得られないかもしれない何かがある。

そんな緊張感を伝えるためには「恋人」という日本語はふさわしくないかなあ、と思うのです。

じゃあどうすれば? というと、難しくて答えは出ないのですが。

what have you done to me? は疑問文ですが、答えを求めているものではないと思います。

「あなたが何をしたのかわからないけれど、その結果、僕はこんなにも苦しい状況にあるんだよ」と言いたいのでしょう。

「なにしてくれとんねん!」と、そのまま日本語(関西の)にしても通じそうです(笑)

 

< I was contented till you came along thrilling my soul with your song >

I was contented till ~ は「私は~までは満足していた(今は満たされていない)」。

you からあとは、「分詞構文」という形です。

「あなたが現れて、僕の心をあなたの歌で震わせた」ですね。

come along は「やって来る、現れる」。

soul は「魂、精神、心」。

thrill は「ぞくぞくさせる、興奮させる、震わせる」。

動詞 thrill が現在分詞 thrilling となって、thrilling 以下が付帯状況を表す働きをしているのです。

主人公は平穏な生活をしていて満足していたのだけれど、「運命の女性」みたいなのが現れて、それ以来、心はかき乱され満たされず・・・なのですね。

 

< Beautiful love, I’ve roamed your paradise >

「美しき人よ、僕はあなたの楽園をさまよっている」。

roam は「歩きまわる、徘徊する、さまよう」。

現在完了形になっていますから、ずっと歩きまわっていて、今もさまよっている、ということですね。

 

< searching for love, my dream to realize >

長くなるので分けて書きましたが、前の文の続きです。

(最初が大文字になっていないのは、ここが文頭ではないからです。)

これも分詞構文で、「愛を、僕の実現させたい夢を探しながら」という状況説明になっています。

付帯状況を表す分詞構文には「~しながら」と訳すのがよい場合と、「~して、そして~」と訳す方がよい場合があります。

状況が同時に起こるのか、それとも続いて起こるのか、という違いですね。

my dream to realize は love を別の言葉で言い換えているのだと思います。

to realize は不定詞で、dream を修飾しています。

 

< reaching for heaven depending on you >

実はこれも続きです。

I’ve roamed your ~ は分詞構文の形を取っていて、現在分詞を用いて表される付帯状況が searching ~ , reaching ~ の二つある、ということです。

reaching for heaven は「天国へ届きそうである、到達しつつある」。

紛らわしいのは depending で、これは depend の現在分詞ですが、分詞構文を作っているのではありません。

形容詞的に使われているのです。

depending on you が直前の heaven を修飾しているのです。

depend は「~いかんによる、~しだいである、~に左右される」。

heaven depending on you で「あなた次第である天国」ということですね。

主人公は相手の女性の魅力に取り憑かれて、その魅惑のパラダイスを愛を求めてさまよい、至福の場所へと到達できそうなのだけど、その天国は相手次第の場所で・・・ということなのですね。

 

< Beautiful love, will my dreams come true? >

「美しき人よ、僕の夢は実現するのだろうか?」。

 

以上を踏まえて和訳です。

 

美しき人よ あなたは謎だらけです

美しき人よ あなたは僕に何をしたのですか?

僕は満たされていたのです

あなたが現れて その歌で僕の魂を震わせるまでは

美しき人よ 僕はあなたの魅力の楽園をさまよっています

愛を 僕の欲しい夢を 探し歩いています

天国に届きそうだけれど それはあなた次第です

美しき人よ 僕の夢はかなえられるのでしょうか?

 

いかがでしょう。

参考になりましたら幸いです。

/// Words by Haven Gillespie///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:I’m In The Mood For Love】恋の気分で

★【歌詞解説・和訳:How High The Moon】ハウ・ハイ・ザ・ムーン

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

2021年4月25日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka