【歌詞解説・和訳:How High The Moon】ハウ・ハイ・ザ・ムーン

こんにちは。片岡和子です。

マーガレットが満開です。

これで一株。豪華でしょ♪

 

さて今日は歌詞解説、How High The Moon。

ヴァースから解説します。

早速いきましょう。

 

(Verse)

< Until I fell in love my life was very easy >

「私が恋に落ちるまでは、私の人生はとても簡単だった」。

easy を「簡単な」と訳してしまうと何とも変な感じですねえ。

どんな日本語が合うんでしょう。

「容易な、平易な、やさしい、たやすい、気楽な、くつろいだ、のんきな・・・」う~ん、どおしましょ。

 

< The moon just made it moonlight >

「月はただ月光を作っていた」。

昔習った「第4文型」ってやつですね。

「S+V+O+O」という形です。

辞書に例文として Mother made her a new dress. (母が彼女に新しいドレスを作ってやった)というのがありました。

it は the moon のことだと思います。

「月が、月に、月光を作った」ということになりますね。

何でこんな回りくどい表現をしてるのかというと、「歌詞だから、詩だから」ってことでしょう。

次の文と形式を揃えて調子を整える、という目的もあったのかもしれませんね。

just という単語がとても効いていると思います。

「深く考えずにただ単純に、お気楽に」という感じでしょうか。

最初の文の easy に通じるニュアンスがあるように感じます。

 

< The breeze just made it breezy >

前の文と同じ「S+V+O+O」という文型です。

ただし、made の意味が少し異なっています。

前の文では「…のために~を作る」という単純な意味でしたが、この文では「…を~にする」という意味です。

breeze が breeze を breezy にする、ということ。

breeze は「そよ風」、breezy は「そよ風の吹く、さわやかな」。

「そよ風はただ、そよ風をさわやかにしていた」ですね。

世界は単純明快、月は綺麗な月明かりを放つし、そよ風はさわやかに吹き抜けるし、そんな当たり前な毎日が・・・恋に落ちると変わってしまうのですねえ・・・おっと、先取りしてしまいました。

次へ行きましょう。

 

< And then I fell in love >

「そして私は恋に落ちました」。

 

< And things that once were clear now I scarcely see or hear >

「そして、以前ははっきりしていたものが、今はほとんど見たり聞いたりできなくなってしまったのです」。

目的語が文頭に来ているため、わかりにくい文になっています。

元の形に戻すと

And now I scarcely see or hear things that once were clear

となります。

things that once were clear が、動詞 see と hear の目的語なのです。

that は関係代名詞で、that once were clear が things を修飾しています。

 

ここまでがヴァースです。

ではコーラスへいきましょう。

 

(Chorus)

< Somewhere there’s music >

「どこかに音楽があります」。

 

< How faint the tune! >

「その曲は何て微弱なんでしょう」。

動詞が見当たりませんが、省略されているのだと思います。

単純に is が省略されているのだと考えておけばよいでしょう。

faint は「かすかな、ぼんやりした、弱い、微弱な」。

 

< Somewhere there’s heaven >

「どこかに天国があります」。

heaven を「天国」としてしまうと、次の文の moon との繋がりが良くない気がします。

「空、天空」といった日本語の方がいいだろうなあ、という気がします。

 

< How high the moon! >

「月は何て高いんでしょう」。

ここも動詞が省略されています。

 

< There’s no moon above when love is far away too till it comes true that you love me as I love you >

長い文ですねえ。

全体で、「Bの状態になるまではAの状態である」という意味です。

A が「there’s no moon above when love is far away too」の部分。

B が「it comes true that you love me as I love you」の部分。

まずはAを見ていきましょう。

「愛が遠くにある時には、空に月がない」ですね。

too の位置が何故ここなのか、どう訳せばよいのか・・・。

愛の遠近と月の遠近が連動してるイメージはわかるのですけれど。

空には月「も」ない、と訳すしかないのかなあ、という気がします。

次にBの部分です。

直前の till を含めて「私があなたを愛しているのと同じくあなたが私を愛する、ということが本当になるまでは」という意味です。

It … that ~ という形で、~は…である、という意味になります。

it が「形式主語」。

that 以下が「実質上の主語」です。

主人公には愛する人がいて、でも今は片思いで、月は高く遠く、見えないぐらい。

でも、もしもその人もまた自分を愛してくれるようになったら、月もまた輝くようになるでしょう、ってことですね。

あ、また先取りしてしまいました。

次へ行きましょう。

 

< Somewhere there’s music >

「どこかに音楽があります」。

 

< It’s where you are >

「それはあなたのいる場所です」。

 

< Somewhere there’s heaven >

「どこかに天国があります」。

 

< How near and far! >

「何て近くて遠いんでしょう!」

主語も動詞も省略されてしまっていますが、意味は十分に伝わりますね。

 

< The darkest night shine if you would come to me soon >

「もしもすぐにあなたが私の元へ来てくれたら、最も暗い夜も輝くでしょう」。

 

< Until you will, how still my heart, how high the moon! >

「それまでは、私の心は何て動かず、月は何て高いんでしょう!」。

will の後には動詞などが省略されています。

内容は、前の文を見ればわかりますね。

still は「動きのない、静止した、静かな、黙った、平和な」といった意味がありますが、ここでは良い意味ではなくて、消極的な意味で使われていますよね。

「止まったままの状態、ときめきのない状態」という感じでしょうか。

うっかり「平穏な」などと訳してしまうと誤解を招いてしまいそうです。

どんな日本語をあてればよいのか、本当に難しいです。

 

以上を踏まえて和訳です。

 

(ヴァース)

恋に落ちるまで 人生は気楽だったわ

月はただ明るく光っていたし

そよ風はただ爽やかに吹いていた

そして恋に落ちたの

そしたら 以前はくっきりしていたものが

今はほとんど見えなくなって 聞こえなくなったの

 

(コーラス)

どこかで音楽がきこえるわ

でも 何て微かな旋律なんでしょう!

どこかに天の国がある

でも 月は何て高くて遠いの!

愛が遠くにある間は 空には月も見えないわ

私があなたを愛してるみたいに あなたが私を愛してくれるまでは

どこかで音楽がきこえるわ

そこにあなたがいるのね

どこかに天国がある

でも何て近くて遠いんでしょう!

もしも今 あなたが私のもとへ来てくれたら

どんなに暗い夜も輝くわ

それまでは 私の心は止まったままよ

月は何て高くて遠いんでしょう!

 

いかがでしょう。参考になりましたら幸いです。

/// Words by Nancy Hamilton///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:I Could Write A Book】本だって書けちゃうよ

★【歌詞解説・和訳:Like Someone In Love】ライク・サムワン・イン・ラブ

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

2021年4月4日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka