【歌詞解説・和訳:Bye Bye Blackbird】さよならブラックバード

こんにちは。片岡和子です。

徒歩通勤の途中、いつもの線路沿いの道に水仙が咲いてました。

日常の中にちょっとした変化を見つけると嬉しくなりますね。

 

さて今日は歌詞解説。 Bye Bye Blackbird です。

この歌にはヴァースがあるのですが、歌われているのを聞いたことがありません。

なのでヴァース部分の詳しい解説は行いませんが、ごく簡単に内容をご紹介しておきます。

 

ブラックバードよ、おまえはいつもそこにいて「太陽の光なんて出ないんだよ」と歌うんだ

でもブルーバードが僕を呼んでる 今僕は太陽が輝く場所へ行くんだ!

 

・・・みたいな感じです。

「ブラックバード」も「ブルーバード」も実際に存在する鳥の名前ですが、この歌でそのままの意味で使われているのか、何か象徴的な意味で用いられているのか、そこは不明です。

不明というよりは、私の力では読み解けない、というのが正直なところ。

ですので、ここは深入りせずに blackbird はそのまま「ブラックバード」として進めていこうと思います。

では、コーラス部分を読んでいきましょう。

 

< Pack up all my care and woe >

主語 I が省略されているのだと思います。

pack は「包む」ですが、pack up となると「(出発のために)荷造りする」という意味になります。

care は「心配事、心労、気苦労、悩みの種」。

woe は「悩み、苦悩、災難、苦境、難局」。

 

< Here I go singing low >

Here I go は「さあ行くよ!」。

singing は sing の現在分詞で、「~しながら」と、状況を説明しています。

singing low で「小声で歌いながら、低い声で歌いながら」ですね。

高らかに歌うのではなく、「low」 なところが効いてます。

行った先が本当に輝く場所なのかどうかはわからない、そんな感じが現れてるような気がします。

(ちょっと深読みしすぎかな。)

 

< Bye bye blackbird >

「さよなら、ブラックバード」ですね。

 

< Where somebody waits for me, sugar’s sweet, so is she >

この部分は、独立した文ではなくて、Here I go singing low から繋がっているのだと思います。

go の行き先を、関係副詞 where を使って示しているのですね。

「僕は~する場所へ行くんだ」と考えることも出来ますし、「僕は行くんだ、そしてそこでは~なんだ」と考えることも出来そうです。

前者は「制限用法」、後者は「非制限用法」と説明されたりします。

where の内容は3つ示されています。

somebody waits for me 「誰かが僕を待っている」。

sugar’s sweet 「砂糖が甘い」。

so is she 「彼女も甘い」。

つまり、主人公が行った先には誰かが待っているのだけど、それは優しくて素敵な女の人。

そこでは砂糖が甘くて・・・つまり苦労のない、辛いことのない場所だ、ってことですね。

もちろんそれは主人公の空想、願望なのでしょうけど。

 

< Bye bye blackbird >

「バイバイ、ブラックバード」。

 

< No one here can love and understand me >

「ここの誰も、僕を愛してくれないし理解もしてくれない」。

can が使われているニュアンスはよく分からないですが、「あり得ない」という感じかなあ、と思います。

 

< Oh, what hard luck stories they all hand me >

感嘆文です。

「ああ、人々は皆、何と不幸な物語を僕に聞かせるんだろう」。

luck は名詞ですが、ここでは stories を修飾しています。

形容詞的に使われているのですね。

they は特定の「彼ら」を示しているのではなくて、漠然と「世の中の人、人々」を表しているのだと思います。

hand は「手渡す」ですが、口語で「聞きたくもないような話を聞かせる」という意味もあるようです。

stories と複数になっていますから、嫌な話はたっくさんあったのでしょうねえ。

 

< Make me bed and light the light >

命令文です。

「僕のためにベッドを整えて、明かりをつけなさい」。

誰に命令しているのかというと・・・「僕を待ってくれている誰か」です。

もちろん、旅立った先にそんな人が存在するかどうかはわからない・・・主人公の願望なのでしょう。

 

< I’ll arrive late tonight >

「今夜遅くに到着するからね」。

そもそも、行き先は決まってるのか?

この場所から逃れたいだけなんじゃないのか?

・・・なんてことを考えてしまいます。

 

< Blackbird, bye bye >

「ブラックバードよ、さようなら」。

 

以上を踏まえて和訳です。

 

心配事も悩み事も全部荷造りして

小声で歌いながら さあ行くよ

さよなら ブラックバード

僕を待ってくれてる人がいる

そこでは砂糖は甘くて 彼女は優しいんだ

バイバイ ブラックバード

ここでは誰も僕を愛してくれないし

理解もしてくれないんだ

ああ ここでは皆が

不幸な話ばかりを聞かせるんだ

僕のためにベッドを整えておいて

明かりも灯しておいて

到着は夜遅くになるよ

ブラックバードよ さようなら

 

いかがでしょう。

参考になりましたら幸いです。

/// Words by Mort Dixon///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:Speak Low】スピーク・ロウ

★【歌詞解説・和訳:What’s New】ホワッツ・ニュー

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

2021年1月31日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka