【歌詞解説・和訳:The Very Thought Of You】君のことを考えると

こんにちは。片岡和子です。

写真は多肉植物「虹の玉」です。

寒くなると赤くなるのだけど、まだまだ緑色。

冬もまだまだこれから、ってことですね。

 

お待たせしました。

月に2回の歌詞解説。

今日は The Very Thought Of You です。

早速いきましょう。

 

< The very thought of you, and I forget to do the little ordinary things that everyone ought to do >

最初から長い文ですね。

丁寧に見ていきましょう。

the very thought of you は「あなたのことを考える、まさにその考え」です。

very は、ここでは「まさしくその」という意味の形容詞です。

名詞にくっついて強調する働きをします。

形容詞にくっついて強調する副詞の very は頻繁に見ると思いますが、形容詞の very はあまり見かけないかもしれませんね。

the very thought of you は、名詞 thought にいろいろとくっついているもの、つまり全体で「名詞」です。

この名詞が文の中でどんな働きをしているかというと・・・

実は、この文は「名詞 + and」という形になっています。

この形は、条件文と同じ働きをするのです。

「名詞, and ~」という形で「if … , ~」と同じような意味を表している、ということです。

the very thought of you の実際の意味は「あなたのことを考えるならば」ということなのです。

ただ、この文では if というより when に近い意味になっています。

主人公の思いは「仮定」ではなく「現実」ですので。

「あなたのことを考える時には」、「あなたのことを考えると」ということですね。

で、あなたのことを考えるとどうなるのかというと、それが I forgot to do the little ordinary thing です。

日常のちょっとした事をするのを忘れてしまう、というのです。

that は関係代名詞で、everyone ought to do が前の thing を修飾しています。

誰もがやらなくちゃならない、そんな日常のあれこれ。

私は、ここを読んで「歯磨き」とか「ごはんを食べる」といったことが頭に浮かびました。

わかる気がしますよねえ。

恋に落ちて、相手のことを四六時中考えてしまう、気がつくと食事をするのも忘れてる・・・

誰でも経験あり、でしょう。

ここまで、最初の一文にやたらと力を入れて解説してしまいましたが、実はそれでOKなのです。

この歌の雰囲気はこの一文で十分に現れていて、この後も同じような内容が続いていきますので。

 

< I’m living in a kind of daydream >

a kind of ~ は「一種の~、いわば」。

daydream は「白昼夢、空想」。

私はいわば白昼夢の中で生きている、ですね。

 

< I’m happy as a king >

私は王様みたいに幸せです、ですね。

 

< And foolish though it may seem, to me that’s everything >

前半は語順がひっくり返っています。

元の形に戻すと、And though it may seem foolish です。

ばかげて見えるかもしれないけど、ですね。

後半も語順がひっくり返ってます。

元の形に戻すと、that’s everything to me です。

私にとってそれが全てなのです、ですね。

 

< The mere idea of you >

idea は「考え、観念、認識」。

mere は「「ほんの、単なる」。

the mere idea of you 、は「単なるあなたについての考え」。

最初の文の the very thought of you と同じ内容の、別の言葉での言い換えだと考えてよいでしょう。

 

< the longing here for you >

longing for ~ は「~へのあこがれ、熱望」。

here は「ここに、ここにある」という副詞です。

(形容詞的に使われています。)

今まさにここにあるあなたへの憧れ、ですね。

前の行の the mere idea of you も、この the longing here for you も、文ではありません。

単なる名詞(に冠詞や副詞などがくっついたもの)です。

実はどちらも、意味上は次の文と一緒になっていると考えられます。

長くなってしまうので分けて書きましたが、最初の文と同様、if ~ 、または when ~ と言い換えられるような意味を担っているのだと思います。

 

< you’ll never know, how slow the moments go till I’m near to you >

先に how 以下を見てみましょう。

how slow the moments go は「時間は何と遅く進むのだろう」。

till I’m near to you は「私があなたのそばにいるまでは」。

会える時が待ち遠しいのですね。

いずれ会えるのだけど、それまでの時間が長くて長くて、ちっとも進まないのですね。

前半の you’ll never know は「あなたはわからないでしょう」。

how 以下が「わからない」の内容である、と考えることもできますし、「あなたにはわからないだろうけど」と挿入したもの、と考えることもできると思います。

どっちでもいいのですが、一段上・二段上の名詞たちと意味が繋がっていると考えると、「挿入」だと考えた方がすっきりすると思います。

 

< I see your face in every flower, your eyes in stars above >

前半は「私は全ての花の中にあなたの顔を見ます」。

誰もが経験あり、でしょう。

後半の your eyes の前には I see が省略されています。

「上空の星たちの中にあなたの目を見ます」。

はい、誰もが経験あり、ですよね。

 

< It’s just the thought of you, the very thought of you, my love >

最初の it は特定の何かを指し示しているのではなくて、ここまで述べられてきた内容全般を指しているのだと思います。

ただあなたのことを考える、それだけのことで、こんなにも日常が非日常に変わってしまう、ってことですね。

 

以上を踏まえて和訳です。

 

君のことを考えると

いつもの当たり前のことをやり忘れてしまうんだ

誰もがやらなくちゃならないあれこれをね

白昼夢の中で生きてるみたいなんだ

王様みたいに幸せなんだよ

馬鹿げてるかもしれないけど それが全てなんだ

ただ君のことを思って 君を熱望してたら

会えるまでの時間がちっとも進まないんだ

君には想像できないかもしれないけど

花々の中に君の顔が見える

星たちは君の眼に見えるよ

君のことを考えるだけで

僕はこんなふうになってしまうんだよ

愛しい君よ

 

いかがでしょう。

参考になりましたら幸いです。

/// Words by Ray Noble///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:I Can’t Give You Anything But Love】あげられるのは愛だけなんだ

★【歌詞解説・和訳:Cheek To Cheek】チーク・トゥ・チーク

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

2020年12月20日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka