【歌詞解説・和訳:Stella By Starlight】星影のステラ

こんにちは。片岡和子です。

現在の我が家のベランダは、花が少な~い状態。

なので、ナデシコの花一輪に思いっきり寄って撮ってみました♪

 

さて、今日の歌詞解説は Stella By Starlight です。

早速いきましょう。

 

< The song a robin sings through years of endless springs >

「何年もの終わりのない春を通してコマドリが歌う歌」。

これは文ではなくて名詞句です。

the song のあとに関係代名詞が省略されていて、a robin 以下が the song を修飾しています。

robin は「ヨーロッパコマドリ」だそうですが、日本人には馴染みがなくてイメージしにくいですよね。

「綺麗な声で鳴く鳥である」、「春のイメージと結びついている鳥である」といった程度の理解をしておくしかなさそうです。

years of endless springs とは大げさな表現ですが、「ず~っと春が続く楽園」のイメージなのかなあ、と思います。

・・・さっきから「イメージ」という言葉を多用していますが、この歌の歌詞は「理屈じゃなくて感性」みたいな面があるため。

みなさま、それぞれに世界を思い描いてみてくださいませ。

 

< The murmur of a brook at even-tide that ripples by a nook where two lovers hide>

中ほどの that は関係代名詞ですので、まずは that の前までを考えてみましょう。

「夕暮れの小川のさざめき」ですね。

日本語の「さざめき」よりは、もう少し静かな音かもしれません。

「は~るの小川はさらさら行くよ」の「さらさら」ぐらいな感じかも。

brook は「小川」、even-tide は「夕暮れ」です。

that 以下はこの「夕暮れの小川のさざめき」を修飾(説明)しています。

ripple は「さざなみが立つ、さらさら流れる」。

nook は「隅、引っ込んだ所、隠れ場所」。

by a nook で「隠れ場所のそばで」。

そのあとの where は関係副詞で、where two lovers hide が a nook を修飾しています。

「二人の恋人たちが隠れる隠れ場所」ですね。

全体で「恋人たちの隠れ場所のそばでさらさら流れる、夕暮れの小川のさざめき」という意味になります。

これも文ではなくて名詞句です。

 

< A great symphonic theme, that’s Stella by starlight and not a dream >

「すばらしい交響曲の主題、それが星影のステラ、そしてそれは夢ではない」。

この文の前の二つの名詞句は、「すばらしい交響曲の主題」の具体例、例示だったのですね。

この歌は、星明かりにたたずむ女性ステラの姿を描写したものなのですが、それがあまりにも崇高で美しく、まるでシンフォニーのテーマのよう。

言葉で表現するには難しすぎるけれども、最初の二つの名詞句、「コマドリの歌」や「小川のざわめき」で何とか表現してみた、ということなのですね。

そして、それは想像の世界なのではない、夢なのではない、現実なのだ、と言っているのですね。

 

< My heart and I agree she’s everything on earth to me >

「私の心と私は同意した」。

つまり、心から納得した、得心した、という感じでしょう。

同意の内容が she 以下です。

「彼女は私にとって地上の全てのものである」。

この世の全て、すばらしい自然も何もかもが彼女の上に体現されている、というのです。

ステラ=世界、ということですね。

 

いやいや、何という壮大な歌詞でしょう。

この歌詞の内容を飲み込めるかどうかは、読む人それぞれの想像力、イメージの力にかかっている、といえそうです。

 

ところで・・・

 

この歌の歌詞には「女性が歌うバージョン」が存在します。

ステラは女性で、その女性を崇めているのは男性、ということですから、この歌は男性ボーカルが歌うのが基本です。

でも女性ボーカルが歌うこともあり、その時に歌詞が異なってくる場合があるのです。

最後の一文が変化しますので、それをご紹介しましょう。

 

< She’s all of these and more >

「彼女はそれら全てであり、それ以上である」。

 

< She’s everything that you’d adore >

「彼女はあなたが崇める全てのものである」。

 

つまり、ステラを崇拝する男性の姿を一歩引いて客観的に描写する、というスタンスになるのです。

私は、こちらの歌詞もいいなあ、と思います。

客観的なスタンスになる分、星明かりの中にたたずむステラの姿の美しさが純粋になる、という感じでしょうか。

 

以上を踏まえて和訳ですが・・・

「女性ボーカルバージョン」でトライしてみます。

 

コマドリのさえずる歌

年月を越えた終わりなき春の歌

夕暮れの小川のざわめき

恋人たちの隠れ家ちかくのさざ波

壮大なシンフォニーのテーマ

それが星影のステラ 夢ではない

彼女はその全て いやそれ以上

あなたが崇拝するすべて

 

・・・訳したら、たったこれだけになってしまいました。

解説を読まずに訳だけを読んだら「なんのこっちゃ?」かも、ですねえ。。。

参考になりますかどうか・・・参考になるといいなあ、です。

/// Words by Ned Washington///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:It Could Happen To You】あなたにだって起こるかも

★【歌詞解説・和訳:Smoke Gets In Your Eyes】煙が目にしみる

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

2020年10月26日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka