【歌詞解説・和訳:All Of Me】私のすべてを

こんにちは。片岡和子です。

写真は酷暑を乗り切ったガーデンシクラメンです。

休眠させずに、水やりを続けながら夏越しにトライ。

葉っぱが2枚にまで減りましたが生き残りました。

新しい葉っぱも出てきて、何と!つぼみまで♪

一回り大きい鉢に植え替えました。

冬には真っ赤な花をたくさん咲かせてくれること間違いなし。

 

さて、今日の歌詞解説は All Of Me です。

この歌にはヴァースもあるのですが、ヴァースの内容の理解が不可欠、というものでもありませんので、コーラスのみの解説とします。

失恋の歌である、ということを念頭に置いて読んでいただければ十分です。

では、いきましょう。

 

< All of me, why not take all of me ? >

why not ~ ? は、単純には「なぜ~しないのですか?」ですが、その裏には「~してもよいではないか」、「~してはどうですか」というニュアンスを含みます。

なぜ私のすべてを奪わないのか? 奪ってもよいではないか、奪ってくれませんか、奪って欲しいのよ・・・、ということですね。

take の目的語 all of me が強調されて冒頭にも出てきています。

 

< Can’t you see I’m no good without you ? >

can’t you see ~ は、単純には「~だということが、わからないのですか?」ですが、その裏には「わかるでしょ」、「わかって欲しい」というニュアンスを含みます。

I’m no good without you は「私はあなたがいないと no good なの」ということ。

no good は「良くない」ですが、具体的にどういった状態を表すのか、それは読み手の想像力次第、といえそうですね。

日本語訳としては「あなたがいないとダメなの」あたりの表現で十分かなあ、と思います。

 

< Take my lips >

私の唇を奪って、ですね。

これは「キスして」ではありません。

私の体から唇を取り去って持って行ってしまって! という感じでしょうか。

 

< I want to lose them >

私は唇を失ってしまいたい、ですね。

them は唇のことです。

lips は複数形なので it ではなく them なのです。

これも、日本語の「あなたに唇を奪われたい(キスして欲しい)」とは違います。

唇なんてもう要らないの! なのです。

解説はしませんでしたが、ヴァース部分に you took my kisses というフレーズがあります。

主人公は恋する相手とキスしたことがあるのですね。

キスするような間柄だった。

それが今は、相手は去ってしまい・・・なのです。

ですから、「唇なんて失ってしまいたい」は「あなたとキスできない唇なんて、もう要らないの!」というニュアンスが含まれているのではないかなあ、と思います。

 

< Take my arms >

私の腕を奪ってしまって。

 

< I’ll never use them >

もう決して使うことはないのだから。

これも、「この腕であなたを抱くことはないのだから」という意味を含んでいるのでしょう。

 

< Your good-bye left me with eyes that cry >

あなたの「さよなら」は私を置き去りにした、泣く目と共に。

主語が人ではなく「 your good-bye 」というところが何とも理屈っぽい表現ですね。

文法の教科書では「無生物主語」と呼ばれます。

主語の形を取っていますが、意味上は原因や理由、方法・手段などを表します。

eyes that cry の部分もちょっと不思議な表現です。

実際に泣くのは主人公なのですが、涙でいっぱいの目にスポットを当てた、視覚的な表現ですね。

 

< How can I go on, dear, without you ? >

ねえあなた、あなたなしで私はどうやってやっていけばいいの?

「あなたなしではやっていけないわ」というニュアンスですね。

この歌は、こういう表現が多いですね。

 

< You took the part that once was my heart >

that は関係代名詞で、that 以下の内容が the part の説明になっています。

「あなたは、かつて私の心だった部分を奪った」という意味になります。

「かつて私の心だった部分」ということは・・・

今は「心」はなくなってしまったのですね。

なぜなら、あなたが奪って行ってしまったから。

心があった場所は、まさに「ぽっかり穴があいてしまった」状態なのでしょう・・・。

 

< So why not take all of me ? >

だったら、なぜ私の全てを奪ってくれないの?

あなたは私の心を奪って去ってしまった。

残された私の体にはもう何の意味もない、唇も腕も必要ない、全部持って行ってしまって!

・・・う~ん、思いっきり失恋の歌ですねえ。

ご存知だと思いますが、この歌の曲調は暗いものではありません。

曲だけを聴くと、こんな内容の歌だとは想像できないだろうと思います。

インスト曲として演奏される皆様にも、歌の内容を知っておいていただきたいなあ、と思います。

 

以上を踏まえて和訳です。

 

私のすべてを

なぜ奪ってくれないの? 私のすべてを

わかるでしょ? あなたがいないとダメなの

私の唇を持って行って 失くしてしまいたいから

私の腕を持って行って もう使うことがないから

あなたのさよならは 私を涙と共に置き去りにしたわ

ねえ あなたなしで 私はどうやって生きていけばいいの?

私の心はあなたに奪われて 何も残ってないのよ

だから 私の全てを持って行ってしまって!

 

いかがでしょう。

参考になりましたら幸いです。

/// Words by Seymour Simons ///

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★【歌詞解説・和訳:I Left My Heart In San Francisco】我が心はサンフランシスコにあり

★【歌詞解説・和訳:Blue Moon】ブルー・ムーン

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

ブログの更新情報や私のちょっとした近況などを facebook で公開しています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

→ → → こちら

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月20日 | カテゴリー : 音楽 | 投稿者 : Kazuko Kataoka