弁護士報酬が高すぎる。 あっさり解決したのに・・・。

こんにちは。司法書士の片岡和子です。

ヒヤシンスの花芽が出てきました。

花屋さんに並ぶヒヤシンスより遅い成長ですが、わが家はマイペース園芸。

のんびりいきます。

 

さて。

以前に弁護士費用について書いたことがあります。

~「そもそも」を考えてみよう④「弁護士費用が高すぎる!」~ という記事です→こちら

依頼者のために費やす時間や労力を考えたら、「高すぎる!」という感じ方は違うかも、というお話でした。

(ついでに、「じゃあ司法書士に頼めば安いんでしょ?」に対しても、「違うんですよ」ということをご説明しました。)

それでも「やっぱり納得できない」という方はいらっしゃることでしょう。

特に「案外あっさりと解決した場合」など。

「時間も労力もかかってないじゃない。なのに大変だった時と同じ金額を取るの? おかしいんじゃない?」というワケです。

でも、ちょっと考えてみていただきたいのです。

その問題は、ご自分だけで解決が可能だったでしょうか?

他の弁護士さんでも、同様の解決が得られたでしょうか?

案外あっさりと解決したのは、その弁護士さんの知識や、関連する情報についての事前の入念な調査、案件の本質についての洞察、腹をくくって向き合う態度、そういったものがうまくかみ合った結果だったのではないでしょうか。

一見外からは見えなくても、実は大きなエネルギーが注がれていたのかもしれないのです。

もし「そうかも・・・。」と思われるのでしたら、ぜひ対価を支払って差し上げて欲しいなあ、と思います。

私は弁護士ではありませんが、成年後見人としての仕事で「これは難しいかも・・・」と思っていたことが案外するっと展開することがあります。

でもそれはやはり偶然ではなくて、事前に考えて考えて考え抜いたことが、現場での一瞬の判断を支えていたりするのです。

残念ながらこれが評価されることはありません。

それどころか、「専門職後見人の報酬は高すぎる! 通帳を預かってるだけなのに。けしからん!」という批判を浴びてしまうのです・・・。

悲しいです・・・。

最後は自分の愚痴になってしまいました。

スミマセン・・・。

 

 

☆こちらの記事も読んでみてね☆

★成年後見人の報酬のこと。【2019年8月追記あり】

★「そもそも」を考えてみよう④「弁護士費用が高すぎる!」

★情報はタダ? 答えは単純? スマホに替えて気がついたこと。

★難問への解答は朝食後にやってくる。

★「本人訴訟ブログ」を参考にする場合の注意点

★事務所内部を大公開!

★ちょっと詳しい自己紹介です。

★法律問題に限定しない有料カウンセリングを始めます。

 

片岡和子司法書士事務所へのお問い合わせ・相談予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年3月23日 | カテゴリー : 訴訟・裁判 | 投稿者 : Kazuko Kataoka